今日も朝から雨でしたが昼過ぎに雨が止む
急遽永観堂へ行く事にする、PM2時ごろに永観堂に着く、
まだお昼ご飯を食べていないので、急遽日の出やさんに
行く事にする、カレーうどんが美味しいお店
_W2A0681
今日も観光客が少ない、待たずに入れた、さつそく肉カレーうどん
を注文する、
_W2A0663
あんまりインスタ映えするような写真は撮ったことが無いので
ご免なさい、此処はPM2時30分ごろで営業終了みたいです、
食べ終わり永観堂に急ぐ、徒歩2~3分です、_W2A0696
永観堂は、禅林寺・浄土宗西山禅林寺派総本山、平安中期創建で
見返り阿弥陀像と紅葉で有名です、本来平安初期に、空海の高弟
真招(しんしょう)僧都が鎮護国家の真言密教の寺として
建立された、
_W2A0698
平安中期に永観律師が浄土念仏を唱えて念仏道場となった、
_W2A0711
ちょうど道場から、修行僧が修行を終え出てこられました_W2A0714
今日はとても寒かったのですが水行?されたのか濡れて寒そうです、
_W2A0723

_W2A0732
衣服を着替えて本堂へ、此処では大きな声でお経が始まりました、
修行の一部を見られて良かった、
_W2A0726
こじんまりとしたお庭が綺麗です、
_W2A0725
白い砂は市松模様に成って居ます、
_W2A0721
此処からが入り口で見返り阿弥陀像を見学に行きます、この中は
撮影禁止となり写真は有りません、本堂の本尊阿弥陀如来は鎌倉
時代で(77cm)釈迦が涅槃に入られた、1082年2月15日永観律師
が念仏を唱えて始業中に阿弥陀如来が壇上から降り永観さんの前
を歩き先導しびっくりし立ち止まった永観に左に振り向き永観遅し
と言い導いたとつたえられています、本堂の近くには三鈷の松が
有り三つ別れた葉を財布に入れておくと、お金がたまりやすいと
言われています、
_W2A0747
多宝塔です、此処に上がるのに臥竜廊(がりゅうろう)竜の様に
曲がりくねった廊下で向かいます、
_W2A0741

_W2A0734
秋になると紅葉が綺麗です、またライトアップもされ幻想的です、_W2A0742
知恵と慈悲のお地蔵様が可愛いのです、_W2A0731
釈迦堂の説明です、今一番桜が綺麗です、是非見に来てください。
_W2A0708

_W2A0705
お庭もゆっくりとご覧ください、この橋を渡ると弁財天が祭られて
います、