雅な京都

京都の神社仏閣をメインに名所散策しています
小浜湾四季の沖釣行期もリニューアル。 こちらも宜しくお願い致します。→http://blog.livedoor.jp/cenugatuta2010/

_W2A9922
蓮華寺、天台宗延暦寺派の末寺、前を通る街道は、鯖街道です、
また八瀬からケーブルカーとロープウェイを乗り継ぎバスも利用し
延暦寺に行けます、(少し無駄な時間?を費やし楽しんでください)
さばかいどうを福井方面に行くと、三千院、勝林院、実光院、宝泉院
来迎院、少し離れて阿弥陀寺、寂光院が有ります、
蓮華寺は、江戸初期(1662年)加賀百万石の前田家の家老今枝近義
(いまえだちかよし)祖父の重直(しげなお)の菩提を弔う為に
再興されたものとされているが、近義の蓮華寺の再興に協力したのが
詩仙堂の石川丈山、狩野探幽、木下順庵、黄檗山万福寺の隠元禅師と
二代目の木庵禅師等当時の一流の文化人か゛関わりました、
外様大名で加賀前田藩の近義が都で有る京都の政治動向を知るため
に作られたらしい、
_W2A9926
この井戸は、石を四角く切り出し真ん中をくりぬき積み上げた
贅沢な作りです、反対側に有る石仏は京都市内の市電敷設工事の時
に出てきたものです、
_W2A9930
本堂です、黄壁風の禅寺建築です、天台宗の寺院としては、
珍しいものです、扉の左右下側に鉄製のセミが居ます、_W2A9931
池泉回遊式を兼ねた、鑑賞式庭園です、左上の灯篭が有るのは鶴島
で亀石も有ります、右下のそった石は宝船です、_W2A9934
ゆっくりとお庭を堪能してください、信長の比叡山延暦寺焼き討ち
を目撃した寺院です。
_W2A9939
ここに座り絵画の様なお庭を堪能してください、受付で抹茶の
申し込みをすれば別室で接待を受ける事が出来ます、小さな流れ
があり片方は、細く早く流れます、片方は、太くゆっくりと流れます、
人生どちらの流れに乗っても結果は変わらないと言う意味らしいです。
_W2A9943
ケーブル八瀬駅です、3月19日から営業するようです、
京都バス八瀬駅と叡電八瀬駅でも1~2分です、
_W2A9944
叡電は出町柳からお乗りください、バスは京都駅から三千院行で、
_W2A9948
三条京阪駅から京都バス、京阪バスが延暦寺へ運航しています、
比叡山お寺巡りの為の一日乗車券が発売されています。
どうかゆっくりと一日かけてお回り下さい、延暦寺から各お寺に
行くためのトレッキングコースも有ります。

_W2A9839
世界遺産下鴨神社、(賀茂御祖神社、かもみおやじんじや)
_W2A9854
参道を進むと鳥居をくぐります、右手に手水舎が有ります。
上賀茂神社と同じ、豪族の賀茂氏が、糺(ただす)の森の泉を神格化
したもので五穀豊穣を祈ったものです、
_W2A9843
本殿入り口です、この中には各干支の社が有りそれぞれの干支の社に
お参りするすたいるです、手前の広場では、蹴鞠が行われます、
_W2A9846
此処が御手洗川です、御手洗会では、もう少し多くの水を貯え、
御手洗川に足をつけ夏バテや病の防止に成るそうです、安産にも
良いそうです、
_W2A9849
御手洗団子の由来は、池から湧き上がる気泡を団子に見立た物です、
_W2A9853
参道西側に有ります、君が代の中で出て来るさざれ石です。
_W2A9856
此のケヤキ等の林道は自然林です(糺の森)映画全盛のころには、
毎日のように撮影がされていました。流鏑馬も行なわれます。
_W2A9863
河合神社です、参道の西側に有ります、鴨長明は平安末期の歌人です、
河合神社の禰宜の次男として生まれましが跡を継ぐことができません
でした、苦労の後源俊恵に愛されその指導の元で歌人として
認められました。47歳の時に新古今集の編集に携われました。_W2A9860
可愛い手水舎です、此処も現在社の修復中みたいです、
_W2A9866
縁結びの神様です、また球技の神様みたいです、(サッカー?)
此処から南へ行くと鴨川と高野川が合流します、秀吉の時代に
河川工事が施され、綺麗なYの字に成って居ます、地図を見れば
直ぐにわかります、此処が出町柳駅近くです、叡電鉄道で、八瀬や
比叡山、別ルートで鞍馬山、貴船神社等行ける分岐点でも有ります。
また河合橋を西に渡ると、鯖街道の起点の石碑がたっています、
そのまま西に行くと商店街が有ります、入ってすぐの左側の
うどん屋さんに鯖寿司とうどんのセットあり(売り切れ御免です)



_W2A9807
上賀茂神社(賀茂別雷神社・かもわけいかづちじんじや)です、
今回第42回目の式年遷宮の年に当たります、
3月頃完成予定みたいです、
_W2A9812
鳥居をくぐると中央に二つの盛り土が有ります、
此れは上賀茂神社の真北に有る神山山頂は神際の賀茂雷神が
降臨された地から、神社に降臨される時の目印に成ります。
_W2A9821
上賀茂神社は春は桜、秋は紅葉美しい神社です、祭神は賀茂別雷で
父神は松尾大社の火雷神で母神は下鴨神社の玉依媛の命です、
創建は奈良朝以前で、古代豪族の賀茂氏が五穀豊穣を祈ったものです、_W2A9819
平安遷都後は、玉城鎮護の神として、朝廷より山城の国一の宮総地主
神として伊勢神宮に次ぐ社として崇敬をうけました、平安初期の
嵯峨天皇(52代)の810年には斎院の制が施され、歴代皇女が斎王
となる国家の祭祀には与りました、京都三大祭りの一つ葵祭りは、
天皇家の一大行事で斎院の制度の実施しました、斎王が葵祭の主役
です、現在は斎王代理の斎王代 主役です。
_W2A9822
一年の主な祭典です 
_W2A9816
この社は、縁結びのかみさまです。
_W2A9827
当時は上賀茂神社の神職社家でした、昭和63年に伝統的建造物群
保存地区に指定されました、此のうち西村家は公開されて
いましたが現在は、未公開です。
_W2A9829
向かいには、すぐきで有名な なり田やさんです。
_W2A9837
上賀茂神社西側に、あおい餅やさんが有ります、此の北隣には、
鯖の甘辛く煮た定食さんが有ります、お時間がございましたら
どうぞ。

このページのトップヘ