雅な京都

京都の神社仏閣をメインに名所散策しています
小浜湾四季の沖釣行期もリニューアル。 こちらも宜しくお願い致します。→http://blog.livedoor.jp/cenugatuta2010/

_W2A5712
今日は、京都の北の端伊根の舟屋とXバンドレーダーを見に
行きました、
_W2A5711
_W2A5710
_W2A5717
丹後半島の伊根と経が岬風光明媚なところです、
沓掛から京都縦貫自動車道乗り宮津天橋立で降ります(橋立見学)
してから178号線で伊根へ一本道です、途中食堂やお土産屋さんが
有ります、お土産は帰りにどうぞ、なを伊根の舟屋付近は道が狭い
のでご注意を、
_W2A5731
観光船も有ります、船に乗るとカモメの乱舞が見られるかも?
_W2A5730
丘の上には和食やさんが有ります、此処のロケーションは
良いのでお勧め、最近何軒かのお店が出来ているみたいです、
_W2A5720
伊根観光が終わったら、さらに北上します、経が岬まで行きます、
此処には米軍のXバンドレーダーが設置されています、
_W2A5759
この近くに教が岬灯台が有ります(お猿さんが沢山います)
_W2A5751
此処が京都北端?日本海が綺麗です、_W2A5760
この辺はブリや鯛などの釣り場です、私も年に数回来ます、
_W2A5740
1781号線をこのまま行くと網野、久美浜、城崎へと行けます。


今日は、聖護院門跡行きます、
その前に熊野神社さんにお参りに行きました、
_W2A0786

熊野信仰の盛んな平安時代末期(1160ねん)後白河法皇
により創建されました、後白河天皇は1155年に即位され、
1158年に退位されました(院政の時代)現在の三十三間堂
の東側に法住寺が(法住寺殿と呼ばれていた、)有り住まわ
れていた、鎮守社として新熊野神社が、鎮守寺として
三十三間堂が創建されました、その造営に法皇の命を
受けたのが平清盛と重盛親子でした、法皇は生涯で34回の
熊野詣でされています、当日は京から熊野詣では大変でし
ので、熊野の別院として創建されました、長らく京の熊野
信仰の中心地として繁栄しましたが、新熊野と書いて
(いまくまの)読みます此れは紀州の熊野に対し新しい
京の熊野神社と言う都人の捉え方だとか、その後350年の
間栄えたのですが、応仁の乱以降、何度かの戦火に見舞われ
廃墟同然に成ったのです、江戸時代初期に後水尾天皇の
中宮東福門院が再建されました、(3代将軍徳川家光の妹)
です、現在の本殿は寛文13年(1663年)聖護院宮道寛親王
(後水尾上皇の皇子)により修復され現在に至っています。

_W2A0780
熊野神社に隣接した八つ橋発祥の家となっている、西尾八つ橋店です、
_W2A0782
その向かい側に聖護院八つ橋店が有ります、此処から北へ一筋上がり
東へ行きます、
_W2A0788
北に向くと左手に京都大学医学部附属病院があります、
IPS細胞の山中伸弥教授がおられます(もっと奥の建物ですが)
_W2A0789
東に行くと右側に西尾八つ橋さんがまた有ります、
右奥にレストランが併設されています、
_W2A0790
その向かいには、聖護院八つ橋店も有ります、北に進みます、
_W2A0791
左てのT字路を左へ行くとお蕎麦の美味しい河道屋が有ります、
雰囲気の良いお店です、その向かいには聖護院門跡御殿荘が有ります、
_W2A0792

中学生の修学旅行の際の宿泊施設にもなります

_W2A0793

桜が満開でした、
_W2A0803


_W2A0800

聖護院門跡は、本山修験宗の総本山です、寛治4年(1090年)に上皇の
熊野詣での時に増誉僧正が先達を務め、褒美として寺を賜わり、聖体護持の
意味で
聖護院と名づられたみたいです、1788年の内裏炎上の際、仮皇居ともなり
(門跡となる)光格天皇遺品の屏風や狩野益信永納等
の襖絵百七十面が有る、
書院は御所の女院御殿(重文)を賜わった、
修験道の資料や什物を多数蔵する。

_W2A0799
コロナ対策で人の気配がなかったです、落ち着いたら是非一度
拝観されれば良いかと思います、
但し特別公開でないとみられません。

このページのトップヘ